【中学生の皆さんへ】(R4.6.27更新)
令和4年度「第1回・第2回学校説明会」の詳細情報を掲載しました。
「第1回・第2回学校説明会」の参加申込は7月4日(月)から本校webサイトにて受付けます。
令和5年度入学者選抜に対応する学校案内(パンフレット)を掲載しました。

【在校生・保護者の皆様へ】
令和4年度第1学期行事予定表を掲載しました。
日本スポーツ振興センターの手続きのページを御覧ください。
感染症による出席停止の手続きのページを御覧ください。

校長室より
新着
6月30日(木)5限は1年次の進路活動の一環として「進路フューチャーライブ」の鑑賞を行いました。先週6月23日(木)の職業理解進路活動「パズルワーク」からの第2弾です 演劇鑑賞形式の進路活動として、全国で活動されている演者の方々に来校していただき、約20分間の演目を2パターン上演。一つ目は「高校生と社会人、こんなに違う『ルールと意識』」二つ目は「社会って、どんな感じですか?~働く目的・生きる意味~」 生徒はオンラインとライブに分かれ、熱心に鑑賞進路を身近に、かつ真剣に、分かりやすく学ぶことができました。
来たる7/9(土)第104回全国高等学校野球選手権大会に出場して参ります。場 所:熊谷さくら運動公園野球場相手校:寄居城北高校 チケットを購入し、一般入場が可能です(詳細は高校野球連盟のHPを御覧ください)。選手、マネージャーにとっての晴れ舞台です。OBの皆さん、中学生の皆さん、ぜひお越しください。 現在、選手権に向けた練習を行っています。丁寧なプレーを心掛け、応援してくださる方々への感謝を胸に試合に臨みます。今回は、練習後のミーティングの様子をお見せします。今日の練習がどうだったか、明日の練習や週末の練習試合に向けて何を意識するのかを考える、大切な時間です。
令和4年度「学校説明会」は7月から1月までの全5回の計画で準備を進めています。6月27日(月)には第1回「学校説明会」及び第2回「学校説明会」の詳細情報をWebサイトに掲載しましたので、中学生及びその保護者の皆様は御確認をお願いいたします。なお、「学校説明会」の参加申込は7月4日(月)から本校Webサイトにて受付を開始いたします。 (「学校説明会」詳細情報 )へのリンク  
令和4年度は2名の教育実習生が清風高校に実習に来ました。生徒の中にも将来、教育者(教員や保育士)になりたいと考えている者も多く在籍しており、実習を終えての感想や思いについて語ってもらいました。教育実習生2名は実習で多くのことを感じ、体験し、教職の魅力を改めて実感したとそれぞれ語ってくれました。2人の今後の活躍を期待しつつ、清風生があとに続いてくれることを期待したいと思います。  
6月25日(土)の練習をもって、3年生の3人が引退しました。この3年間を振り返って、コロナ禍で思うように稽古をできませんでしたが、出稽古や練習試合、錬成会など、日々稽古を重ねることで西部地区男子個人戦で4人とも県大会出場をし、県大会では、それぞれ個人が結果を残すことが出来ました。最後のインターハイ予選ではベスト16という結果を残すことが出来ました。 この3年間は苦難の連続でしが、無駄な稽古は1度もなかったと思います。これから1年生4人、2年生1人と今以上に人数が減りひとりひとりが責任を持ち、稽古をしなくてはいけませんがやることは今もこれからも同じです。自分たち3年生が成し遂げられなかった関東大会出場を目標に日々稽古に励んでもらいたいです。応援してくれた先生方、保護者の皆様本当にありがとうございました。3年一同
6月22日(水)第33回埼玉県高等学校かるた大会が行われました。県内からは27校、47チーム、335人の生徒が参加。チーム数、参加生徒数においては過去最多の盛り上がりを見せました。 鶴ヶ島清風高校からは2・3年生主体のAチーム、1年生主体のチームのBチームの2チームが参加しました。Aチームは一回戦はシードとなったため、まず一回戦にはBチームが参加しました。強豪校である星野高校が相手ということもあり、力の差を見せつけられ、一回戦敗退となりました。続く二回戦からは、Aチームが参加しました。一回戦、与野高校を相手に勝ち上がった岩槻高校との対戦です。均衡のとれた試合になるも、相手の勢いに負け、二回戦敗退となりました。3年生にとってはこれが引退試合となりました。一度は少ない人数になったかるた部でしたが、部長として引っ張ってきた3年生の力でなんとか存続することができたといっても過言ではないと思います。それだけに、今大会での選手たちの健闘をたたえていただければと思います。そして、3年生が引退したあともかるた部は続いていきます。まず、1・2年生は10月の新人戦に向けて練習にとりくんでいきます。今度はいい結果を報...
6月23日(木)5限の「総合的な探究の時間」において、1年次で職業理解の一環として働く「パズルワーク」を実施しました。各クラス4人前後のグループに分かれて、77の職業に関して説明された特大シートに、適切な職業カードを置いていきます。生徒たちは、なじみのある職業から、初めて名前を見聞きする職業まで、枠の中にカードを当てはめていくことに悪戦苦闘完成に向けて班員と協力し合っていました 来週30日(木)には、「働く目的・生きる意味」、「高校生と社会人、こんなに違う『ルールと意識』」と題して演劇形式の進路行事を予定しております。
6月16日(木)「総合的な探究の時間」、2年次では基礎力診断テストの振返りを行いました。今回は本校のベネッセ担当者が事前に動画を作成し、クラスごとに動画視聴をするオンデマンド方式+途中で担任からのアドバイスという変則的な実施となりました。動画視聴により、確実におさえたい内容が何度も聞き直しができ、担任からのアドバイスとの合わせ技で生徒も良い振り返りになったのではと感じています。
6月17日(金)本日、インターハイ予選団体戦が行われました。3年生にとっては引退前の最後の大会です。3年生最後の試合で、2年生1名、1年生1名も選手として出場しました。 結果はベスト16!!! 最後まで粘り強く戦いきりました。応援のほどありがとうございました。
6月10日(金)令和4年度「第1回協働教育ネットワーク会議」を開催しました。この会議は学校・家庭・地域の連携・協働の更なる推進を目指して令和3年度に本校が設置したものです。これまでは「鶴ケ島清風高校と地域の連携協議会」としていた組織を大幅に見直し、新たなプラットフォームとして整備したのが「協働教育ネットワーク会議」となります。昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響により書面での開催でしたので、今回が各委員の初顔合わせとなりました。 会議では、まず令和3年度及び令和4年度学校自己評価システムシートの記載内容をもとに、本校の取組について説明し、委員のみなさんに御理解いただきました。その後、学習指導や生徒指導などの教育活動における「新型コロナウイルス感染症の影響に関すること」や「校則の在り方」などについての意見交換をおこないました。学校評議員から生徒への質問も投げかけられ、自由闊達な雰囲気の中、会議を進行することができました。なお、当日の会議の様子は「令和4年度第1回協働教育ネットワーク会議レポート」を御覧ください。 学校評議員、学校関係者及び地域代表の皆様、御多用のところ御来校いただきあり...