学校長挨拶

夢実現 全力サポート

                                                                        校長  金子典之

 

 鶴ヶ島清風高校は、鶴ヶ島高校と毛呂山高校の統合により、平成20年度から新たに普通科の単位制高校としてスタートして、今年度で12年目を迎えました。時代が大きく変化し、AI(人工知能)が発達したことで、これからの時代に求められる能力が、今までとは大きく変わってきています。学校教育においても、今まで身につけた知識を活用して、様々な問題を解決する能力の育成が強く求められています。

 本校では、1年次での少人数学級編成と国語・数学・英語での少人数・習熟度別授業により確かな学力を身につけることができます。その上で、各教科で実践している「主体的・対話的で深い学び」により「自ら考える力」を育成します。2年次からは67種類の選択科目の中から自分の興味・関心に合わせて科目を選択して自分自身の時間割を作って学習することができます。3年間のこれらの授業と教職員の熱意あふれる指導により、生徒一人一人の夢の実現を全力でサポートします。

 それに加えて、本校では「健全な職業観」と「社会で通用する人間力を」育成し、「地域に貢献できる人材の育成」を目指します。

 中学生の皆さん、鶴ヶ島清風高校であなたの夢を実現しましょう!!