登校開始証明書について

書式が変わりましたので、こちらをご利用ください。

【登校開始証明書ダウンロードはこちらから】
登校開始許可証明書(PDF形式)  登校開始許可証明書(WORD docx形式)

保健だより
日誌

保健室よりお知らせ

新型コロナウイルスに関連した肺炎について

2月3日に「臨時ほけんだより」を配布しましたが、新たに埼玉県の相談窓口設置を含め、お知らせです。

Q1 予防法はありますか?
風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に一人一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。咳やくしゃみを手でおさえると、その手で触ったドアノブなど周囲のものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他者に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケット・マスク着用と石けんやアルコール消毒液などによる手洗いを行い、不要な外出を避けましょう。
感染症対策として免疫力を高めることが有効なため、睡眠や食事に配慮し、規則正しい生活を送りましょう。

Q2 治療方法はありますか?
現時点で、このウイルスに特に有効な抗ウイルス薬などはなく、対症療法を行います。

Q3 潜伏期間はどのくらいですか?
現在のところ、最大14日程度と考えられています。

Q4 ヒトからヒトに感染しますか?
ヒトからヒトへの感染は認められていますが、日本国内で、現在、流行が認められている状況ではありません。
 風邪やインフルエンザと同様に、まずは、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って口や鼻をおさえる「咳エチケット」や、石けんを使った手洗いなどの感染症対策を行うことが重要です。 

Q5 日曜日に心配な症状が出た時に対応方法を教えていただける、公共の相談窓口はありますか?
<埼玉県での相談窓口>

 埼玉県では当面の間、下記のとおり新型コロナウイルス感染症に関する帰国者・接触者相談窓口を設置します。 

 湖北省または浙江省への渡航歴や患者との濃厚な接触をしたと考えられる県民の方で、発熱や呼吸器症状がある方は、医療機関を受診すべきかどうかなどの対応を相談できます。 

【医療機関を受診すべきと考えられる主な対象者】

 下記の(1)~(3)いずれかの要件を満たす方

(1)37.5℃以上の発熱又は呼吸器症状(軽症の場合を含む。)を呈するものであって、新型コロナウイルス感染症であることが確定したものと濃厚接触歴がある方

(2)37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内に湖北省または浙江省に渡航又は居住していた方

(3)37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内に湖北省または浙江省に渡航又は居住していたものと濃厚接触歴がある方

 

*平日昼間(8:30~17:15) 

各保健所

*土曜・日曜昼間(8:30~17:15)

保健医療政策課 感染症・新型インフルエンザ対策担当

048-830-3557

*夜間(17:15~8:30)

埼玉県救急電話相談 #7119

(夜間は電話がつながりにくくなる恐れがあります。極力昼間の時間帯での相談をお願いします。)

◎最新の情報は、埼玉県ホームページを確認してください。

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0701/shingatacoronavirus2.html

 

 

思いがけない妊娠に悩む相談窓口です。

本日、「にんしんSOSさいたま」の案内カードを配布しました。

また同様の専門窓口「にんしんSOS鶴ヶ島」も1月15日から開設されています。

予期せぬ妊娠・出産に戸惑いや悩みのある当事者や家族の不安を専門的な知識を持った保健師、助産師が応じてくれます。相談は無料で秘密は厳守されます。

にんしんSOS鶴ヶ島 

専用電話:049-227-3355(受付 月曜~金曜 8:30~16:30 祝日,年末年始を除く)

専用メールアドレス:ninshinsos@city.tsurugashima.lg.jp(受付年中無休、夜間休日の場合は翌日以降の平日に返信)

インフルエンザ流行期突入

R1,12,3

インフルエンザの流行期に入りました。

清風でもインフルエンザの報告がマラソン大会が終わったころから入ってきています。

また高熱で早退する人もいます。

「咳エチケット」「外出後の手洗い」「適度な湿度の保持」「十分な休養とバランスのとれた栄養摂取」など

感染予防に努めましょう。

保健室より インフルエンザ過去最多!!

 インフルエンザの大流行が続いています。過去10年で最多となっています!!
手洗い・うがいは必ず行ってください。そして、疲れを残さないためにも、睡眠は十分にとりましょう。睡眠不足はダメです。
 1月の保健だより第4号を発行しました。

保健室より インフル流行警報発令中!!

 昨年もインフルエンザ流行しましたが、今年は昨年を上回る流行です。
 埼玉県感染症情報センターによると、インフルエンザの報告数が2週連続で大きく増加し、昨年の最大値を超えています。 引き続き、予防に努めましょう!!

保健室より 1月

 お正月モードでのんびりしていた冬休みが明けると、いきなり厳しい寒さですね。1月20日を「大寒」というように暦の上では本格的に「寒」に入ります。寒さに負けず、良い1年をスタートさせましょう。

 インフルエンザ流行期に入ってきました。手洗い・うがい・マスクだけでなく、十分な休養が必要です。しっかり疲れを取って、栄養を取って、インフルエンザを予防しましょう。

保健室より

11月7日は立冬、22日は小雪と秋から冬へと季節が足早に移り変わっていく時期となりました。気温の変化から体調を崩す人が増えてきました。手洗い・うがい、マスクの着用はもちろんのこと、バランスのとれた栄養と十分な睡眠をとるよう心がけましょう。

保健室より


 秋晴れのとても気持ちがいい季節となりました。しかし、くもりの日や雨の日は、ぐっと気温が下がります。かぜをひいたり、体調を崩したりしやすい時期でもあります。

  衣服の調節をするとともに、睡眠と栄養をしっかりとって、
生活リズムを整え、体調管理に気をつけて過ごしましょう。
   

24時間子供SOSダイヤル

2学期が始まって、10日ほど経ちました。疲れていませんか。悩みはありませんか。学校で先生に相談することも可能ですが、24時間子供SOSダイヤル(通話無料)というものもあります。大切なことは、一人で悩みを抱えないことです。
 
★24時間子供SOSダイヤル 0120-0-78310(通話無料)

24時間子供SOSダイヤル.pdf