進路指導部

進路指導部

1年次 進路活動「インターンシップ」に向けて 

7月13日(水)4限、1年次では秋に開催予定のインターンシップ(職場体験・職場訪問)に向けて、教員によるガイダンスを実施しましたにっこり
先月から行われてきた「パズルワーク」、「フューチャーライブ」に続く、進路を考える活動の第3弾です。


「一杯のラーメン」から、様々な職業や流通が関わっている話など、身近な話題から生徒にアプローチし、意識を高め、動機づけをはかりました。


今年度インターンシップが開催できるとなれば、3年ぶりとなります。
今年度は多くの企業・事業所様から受け入れを快諾していただいております。
まだまだ予断の許さない状況が続いておりますが、生徒のために良い方向に向かうよう、年次ともども念願しております。

進路指導部 城西大学研究室訪問

7月12日(火)午後に城西大学理学部数学科、経済学部経済学科を訪問しました。
最初は入試課の方から大学の概要を聞き、その後大学生によるキャンパスツアー、実際に4限の授業を大学生に混ざって受講しました。
大学の講義は90分ということもあり、高校生には少々大変だったようです。
また、今回の講義は大学3・4年生の第13回目の内容ということもあり、理解ができず、不安を感じた生徒もいたようです。
大学に合格し、入学後にしっかりと学んでいくことで今回の講義に辿り着くということを生徒にも説明し、少し安心できたようです。
今年度は理学部数学科2名、経済学部経済学科4名の生徒が参加し、今後の進路決定に向けて考えるきっかけとなったようです。

進路指導部 学校法人後藤学園連携協定

7月11日(月)学校法人後藤学園(武蔵丘短期大学、武蔵野調理師専門学校、武蔵野栄養専門学校、専門学校武蔵野ファッションカレッジ)様と高大接続連携協定を締結しました。

連携協定により、武蔵野調理師専門学校講師×家庭科教員のコラボレーション講座や武蔵丘短期大学×清風高校部活動によるスポーツ栄養学などさまざまな企画を実施できたらと考えております。
また、系列の学校に進学する際にも手厚いサポートを受けられるようになっております。
連携事業について実施の際はHPの更新もしたいと思います。

進路指導部 1年次「進路フューチャーライブ」

6月30日(木)5限は1年次の進路活動の一環として「進路フューチャーライブ」の鑑賞を行いました。
先週6月23日(木)の職業理解進路活動「パズルワーク」からの第2弾ですにっこり

演劇鑑賞形式の進路活動として、全国で活動されている演者の方々に来校していただき、約20分間の演目を2パターン上演。
一つ目は「高校生と社会人、こんなに違う『ルールと意識』」
二つ目は「社会って、どんな感じですか?~働く目的・生きる意味~」

生徒はオンラインとライブに分かれ、熱心に鑑賞グループ
進路を身近に、かつ真剣に、分かりやすく学ぶことができました。

進路指導部 教育実習生との懇談会

令和4年度は2名の教育実習生が清風高校に実習に来ました。
生徒の中にも将来、教育者(教員や保育士)になりたいと考えている者も多く在籍しており、実習を終えての感想や思いについて語ってもらいました。
教育実習生2名は実習で多くのことを感じ、体験し、教職の魅力を改めて実感したとそれぞれ語ってくれました。
2人の今後の活躍を期待しつつ、清風生があとに続いてくれることを期待したいと思います。

 

進路指導部 1年次「パズルワーク」

6月23日(木)5限の「総合的な探究の時間」において、1年次で職業理解の一環として働く「パズルワーク」を実施しました。
各クラス4人前後のグループに分かれて、77の職業に関して説明された特大シートに、適切な職業カードを置いていきます。
生徒たちは、なじみのある職業から、初めて名前を見聞きする職業まで、枠の中にカードを当てはめていくことに悪戦苦闘苦笑い汗・焦る
完成に向けて班員と協力し合っていましたキラキラ

来週30日(木)には、「働く目的・生きる意味」、「高校生と社会人、こんなに違う『ルールと意識』」と題して演劇形式の進路行事を予定しております。

進路指導部 2年次「基礎力診断テスト」振返り

6月16日(木)「総合的な探究の時間」、2年次では基礎力診断テストの振返りを行いました。
今回は本校のベネッセ担当者が事前に動画を作成し、クラスごとに動画視聴をするオンデマンド方式+途中で担任からのアドバイスという変則的な実施となりました。
動画視聴により、確実におさえたい内容が何度も聞き直しができ、担任からのアドバイスとの合わせ技で生徒も良い振り返りになったのではと感じています。

進路指導部 三者面談期間の面接指導

6月の三者面談期間に3年次では面接指導を行なっております。
面接指導では保護者、企業、大学、専門学校の協力を得て、それぞれの視点から指導をしていただいております。
今回が初めての面接指導の生徒もおり、緊張した面持ちで取り組む姿が見受けられました。
就職希望の生徒は2回目の練習ということもあり、落ち着いてできるようになってきている生徒も出てきています。

進路指導部 3年次「進路探究」その3

5月7日(土)に3年次では「進路探究」を行いました。
5月9日(月)に実施する「進路見学会」に関する事前準備や、5月12日(木)実施予定の「志望校プレゼンテーション」の準備などについて、各分野に分かれて調査研究を行いました。

進路指導部 3年次「進路探究」その2

4月28日(木)先週に引き続き「進路探究」を行いました。
先週4月21日(木)に第1志望をHPやパンフレット等を活用して調査を行い、まとめていました。
一次情報(事実等)をもとに自身の考えや志望に至る理由についてまとめることで、第1志望を目指すモチベーションが向上しているようです。
特に今週は5月12日(木)の発表に向けて、タブレット端末で発表用のスライドを作っている生徒が多く見受けられました。

進路指導部 3年次「進路探究」

3年次では、進路探究の一環として、志望校プレゼンテーションを行っております。
第一志望について特徴的なことをまとめたり、自分自身が魅力に感じている部分についてまとめを行ったりすることで第一志望へのこだわりがより強いものになればと思っております。
写真は第1段階(4月14日実施)の各学校の調査を紙にまとめているところです。
4月21日及び28日では、PCでスライドを作成して、発表に向けた準備を進めていきます。

発表会(5月12日予定)ではPCを用いて5人前後を目安に発表をし、面接力の向上にも繋げていくことを考えております。

進路指導部 2・3年次「進路ガイダンス」

4月13日(水)2・3年次生を対象に「進路ガイダンス」を行いました。
3年次生には書類等の昨年度の進路実績をはじめ、実務的な内容を中心に話を行いました。
3年次生は進路決定に向けた本格的な活動をスタートしているところです。
入学願書の提出や統一応募用紙の送付など、進学、就職のどちらを目指すにおいても書類の提出期限をきっちりと守ることができなければ土台に立つことができないという趣旨で話をいたしました。
その後、進学と就職に分かれて今後の活動内容等について確認を行いました。
これから3年次生が自分に合った進路実現をしてくれることを楽しみにしています。

2年次生には進路希望の決定に向けて真剣に考えてほしい内容を伝えました。
特に、自分自身と向き合うことの重要性について話をしました。
相手に自分のことを知ってもらうためには、まず自分自身が理解をしていることが必要です。
そのための取組として職業適性検査や模擬試験、二者面談、科目選択、三者面談等があるということも触れました。
1学期が有意義なものになってくれることを願ってこのような話をしました。

進路指導部 1年次「地元暮らし出前セミナー」

2月17日(木)1年次生対象の「地元暮らし出前セミナー」を行いました。
今回は感染予防、分散登校中ということもあって、登校した生徒は教室でリモート、自宅の生徒はオンラインで参加しました。
セミナーは3つの部で構成されていて、第1部は「川越比企地域振興センター」の主事の方からお話をしていただきました。
地元暮らしと都会暮らしを「WORK」と「LIFE」に分け、データやグラフを用いて詳しく説明していただきました。

 

 






第2部は「株式会社ベルク」の地元企業人事担当の方と、ベルクの店舗で働き、地元暮らしを実践している社員の方から対談形式でお話をしていただきました。
会社概要、地元暮らしを選択した理由、地元暮らしのメリット等を分かりやすく説明していただきました。

 








第3部は代表生徒が説明者の方々とディスカッションを行いました。
代表生徒達は普段以上に真剣に、時に和やかな雰囲気の中でディスカッションを行い、貴重な体験となりました。
また、リモートでディスカッションの様子を見ている教室の生徒達が、熱心にメモを取っている姿も印象的でした。

 

 

進路指導部 2年次「進路活動体験報告会」

2月17日(木)3年次生による2年次生対象の「進路活動体験報告会」を行いました。
大学・短大進学内定者、専門学校進学内定者、就職内定者の代表それぞれ2組ずつが2年次生のクラスをまわります。
3年次生からは、「進路決定までの経緯や志望動機」「進路活動で努力したことや苦労したこと、重要なこと」「今から準備しておくべきこと」などを伝えました本

2年次生は熱心にメモをとったり、質問をしたりするなど、真剣な様子で先輩の話に耳を傾けておりました。
今後、進路活動が本格化する2年次生にとって、進路活動を終えた3年次生の話は大変貴重なものとなったようです。
頑張れ、2年次生!

進路指導部 2年次「就職希望者会社見学」

2月3日(木)先週に続き2年次生の就職希望者向けの会社見学を行いました。
今回は「霞ヶ関カンツリー俱楽部」「医療法人積仁会 旭ヶ丘病院」「川崎陸送株式会社坂戸流通センター」の各事業所様にお伺いしました。


企業の担当の方々からは、仕事の内容や新人研修、働くことの意味などについて、詳しくまた分かりやすくご説明いただきました。
2年生はこれから進路学習が始まっていきます。
意義深い一日となりました鉛筆
各事業所の皆様にはお忙しい中、またこのコロナ禍の中お時間を割いていただき、大変ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

進路指導部 2年次「進路見学会」

1月27日(木)2年次の就職希望者は事業所見学ということで生徒が希望する職種を見学してきました。
ベルクや田島ルーフィング、ムロオ、コモディイイダへ見学に行きました。
ベルクでは売り場、バックヤードの見学をし、会社の説明を受けました。
生徒たちからたくさんの質問が出てきて、非常に有意義な時間になったと思います。
 
進学希望者は坂戸グランドホテルにて大学、短期大学、専門学校が一同に集まり、生徒は希望する学校の説明を熱心に聞いていました。
 
これをきっかけに第1志望がしっかりと決めてほしいと思います。

進路指導部 2年次「進路ガイダンス」part2

11月25日(木)先週に引き続き進路決定に向けてガイダンスを行いました。
11月18日は進学、就職に分かれて実施をしましたが、本日はさらに細かい分野に分かれて実施をしました。
5時間目、就職希望者は企業の方の話を聴くグループと准看護希望、公務員希望に分かれ、進学希望者は大学希望、専門学校希望に分かれてガイダンスを実施しました。
6時間目は、さらに細かい分野に分かれて、先週とは違った学校の先生の話を聞けるように設定しました。
まだまだ第1希望が決まっていない生徒が多くいるので、このガイダンスをきっかけに第1希望が決まることを願っています。

 

進路指導部 2年次「進路ガイダンス」part1

修学旅行が終わり、2年次は進路決定に向けて動き出す季節となりました。
11月18日(木)進学希望者は体育館、就職希望者は食堂に集まり、それぞれガイダンスを実施しました。
進学希望者には大学、短大、専門学校と学校ごとの特徴等についての講義、各分野(文系、理系、看護医療系など)に分かれて大学等から講師を招いて、ガイダンスを実施しました。
就職希望者には1月実施予定の事業所見学に向けてガイダンスを実施しました。
各分野とも自分自身に関わる大事なこととして認識し、取り組む様子が見て取れました。 

 

進路指導部 模擬試験実施予定

10月9日(土)には、3年次のベネッセ駿台記述模試を実施します。
大学進学を希望している生徒たちの実力を測る大切な模擬試験になります。
学校推薦型選抜(指定校)を受験する予定の生徒から、一般選抜を考えている生徒まで受験する予定です。
また、11月20日(土)には、1、2年次においても模擬試験を実施予定です。
大学進学希望者が年々増えつつあることもあり、模擬試験の校内実施を充実させるという取組を行なっております。
第一目標を達成できるように日々生徒たちが頑張っていけるようにと願っております。

進路指導部 2021鉄道模型コンテスト プレゼンテーションPart6

次に前面のパネルについてです。
パネルに白で塗装し、乾いてからカーボン紙を使って文字を書き、写真をパネルに付けました。
パネルの完成と同時にジオラマの全体が完成しました。


最後にジオラマを作ってみての感想は、ジオラマを作ることの難しさが分かったり、日常的に使っているものがジオラマ制作に役立ったりと、たくさんのことが学べました。
鶴ヶ島清風高校では初めてのことだったので、とてもいい経験になりました。

 

「2021鉄道模型コンテスト」に出展した私たちの作品を紹介する、6回の旅はいかがだったでしょうか。
お楽しみいただけましたでしょうか。
今年度は有志という形での参加でしたが、来年、同好会が発足されるか、部活動のような形の参加になるか、今のところは分かりませんが、また皆様に作品を紹介することが出来ればと思っております。
ご乗車ありがとうございました。