日誌

保健室よりお知らせ

保健室より インフル流行警報発令中!!

 昨年もインフルエンザ流行しましたが、今年は昨年を上回る流行です。
 埼玉県感染症情報センターによると、インフルエンザの報告数が2週連続で大きく増加し、昨年の最大値を超えています。 引き続き、予防に努めましょう!!

保健室より 1月

 お正月モードでのんびりしていた冬休みが明けると、いきなり厳しい寒さですね。1月20日を「大寒」というように暦の上では本格的に「寒」に入ります。寒さに負けず、良い1年をスタートさせましょう。

 インフルエンザ流行期に入ってきました。手洗い・うがい・マスクだけでなく、十分な休養が必要です。しっかり疲れを取って、栄養を取って、インフルエンザを予防しましょう。

保健室より

11月7日は立冬、22日は小雪と秋から冬へと季節が足早に移り変わっていく時期となりました。気温の変化から体調を崩す人が増えてきました。手洗い・うがい、マスクの着用はもちろんのこと、バランスのとれた栄養と十分な睡眠をとるよう心がけましょう。

保健室より


 秋晴れのとても気持ちがいい季節となりました。しかし、くもりの日や雨の日は、ぐっと気温が下がります。かぜをひいたり、体調を崩したりしやすい時期でもあります。

  衣服の調節をするとともに、睡眠と栄養をしっかりとって、
生活リズムを整え、体調管理に気をつけて過ごしましょう。
   

24時間子供SOSダイヤル

2学期が始まって、10日ほど経ちました。疲れていませんか。悩みはありませんか。学校で先生に相談することも可能ですが、24時間子供SOSダイヤル(通話無料)というものもあります。大切なことは、一人で悩みを抱えないことです。
 
★24時間子供SOSダイヤル 0120-0-78310(通話無料)

24時間子供SOSダイヤル.pdf

保健室より

夏休みが始まりました。

保健だよりにも書いた熱中症、落雷にはくれぐれも気を付けましょう。

それから、自分では抱えきれない悩みにあったら、学校に来て先生に悩みを聞いてもらったり、気軽に電話相談してみたりしてくださいね。

2学期元気に会えることを楽しみにしています!

保健室より(2018.02.15)

インフルエンザは前週より減少していますが、依然多い状況が続いています。
外出後の手洗い・うがいとともに、十分な休養をとるよう心がけてください。

2月19日(月)は、二十四節気の「雨水(うすい)」です。
空から降るものが雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころです。
この時節から寒さも峠を越えてきます。もうすぐ、春ですね。

保健室より(2018.02)

1医療機関あたりの報告数が、大幅に増加し、県全体で国の定める警報の基準値である30人を超えています。
平成11年の調査開始以来最高値を記録しています。今後、さらなる流行拡大も懸念されるため、引き続き注意しましょう。


インフルエンザの感染を予防するためには、「①せきエチケット、②手洗いの励行、③適度な湿度の保持、④十分な休養、⑤バランスの取れた栄養摂取」がポイントです。