スクールライフ

スクールライフ

教務部 第4回学校説明会

11月14日(日)第4回学校説明会を開催しました。
昨日に続いてたくさんの中学生及びその保護者の皆さんに御参加いただきました。
志望する高校を直接訪問してその学校の雰囲気を感じたり、在校生の様子を見たりすることで、「高校生活3年間をこの学校で過ごす」といったイメージをしっかりと持てると受験に向けた学習のモチベーションが変わります。
鶴ケ島清風高等学校の学校説明会がそのお役に立てれば幸いです。
さて、次回の学校説明会は第5回12月19日(日)となります。
第5回以降の学校説明会では「模擬面接」の体験を行いますので、ぜひ御参加ください。
多くの中学生の皆さんの参加をお待ちしています。
中学生の皆さんへ「学校説明会」情報 )の掲載ページへ

 

教務部 第3回学校説明会

11月13日(土)第3回学校説明会を開催しました。
寒さが日に日に増して木々の葉が色づきつつある中、本日も多くの中学生とその保護者の皆様に御参加いただきました。
第3回学校説明会のテーマは「鶴ケ島清風高校を知ろう!」です。
今回も普通教室においてリモート形式と対面形式の併用による説明を実施し、その後、校内見学と部活動見学、個別相談などを実施させていただきました。
個別相談では高校生活に関する内容や学習法などについての質問をいただきました。
明日(11月14日(日))は第4回学校説明会を開催します。
内容は本日の第3回学校説明会と同じものとなります。
本日御参加いただいた皆様は、次回、模擬面接が受けられる第5回以降の学校説明会にも御参加いただければ幸いです。
*( 第4回学校説明会の詳細情報 )へのリンク

 

3年次 芸術鑑賞会

11月4日(木)3年次は芸術鑑賞会を行いました。
HEARTBEAT DIXIELANDさんのジャズ演奏会です♪

マーチングをしながらの登場に生徒達も前のめりで鑑賞中。
手拍子でノリながら、また、体を揺らしながら鑑賞している生徒がたくさんいました。

セカンドライン、リパブリック賛歌から始まりコミカルな楽器紹介、エルクンバンチェロでの生徒体験コーナー、そしてSing Sing Singで締めくくられました。

体験コーナーではたくさんの生徒が立候補をし、楽器が足りなくなる事態に・・・
立候補した生徒だけでなく、鑑賞している生徒も手拍子でリズム打ちをして参加しました。
あっという間の90分間でした。
心と体で本物の芸術に触れた生徒たち。
将来、素敵な花を咲かせることを願っています。 

1年次 遠足 東武動物公園

11月5日(金)本日1年次は、遠足として東武動物公園へ出掛けました。
行きは渋滞もあり、到着が少し遅れたため、日程を30分繰り下げることとなりましたが、天候にも恵まれ、動物園やアトラクションを十分に楽しむことができました。
ホワイトタイガーなどの動物を見たり、ジェットコースターなどに乗ったりと、普段とは違う場所で、普段できない経験をすることができ、級友との仲を深めることがてきました。

2年次 北陸修学旅行 その15

11月2日(火)3泊4日で実施している北陸修学旅行はまもなく終了します。
生徒たちは全員「新高岡駅」から北陸新幹線「はくたか568号」に乗車しました。
「新高岡駅」からは約2時間30分で「大宮駅」に到着します。
「大宮駅」で降車後は、新幹線改札を出て、そのまま流れ解散となります。
安全・安心かつ有意義な修学旅行の実現に向けて、宿泊施設や訪問先等での通常の安全対策に加えて、感染症対策も徹底し、トラブルもなく参加者全員が元気に過ごすことができました。
北陸地方の歴史や文化を学び、雄大な自然を満喫して、生徒たちにとって貴重な思い出に残る修学旅行となりました。
今回の修学旅行の実施に際しまして、保護者の皆様をはじめ、多くの関係者の皆さんの御支援と御協力に深く感謝申し上げます。

 

2年次 北陸修学旅行 その14

11月2日(火)修学旅行最終日の午後の様子をお伝えします。
富山県射水市にある新湊フィッシャーマンズワーフ「新湊きっときと市場」内にあるレストランにて昼食をいただきました。
「きっときと」とは富山弁で「新鮮な」という意味で、天ぷらや刺身など新湊漁港直送の獲れたての海の幸を堪能しました。
レストラン内の対面のテーブルにはアクリル板が設置されていて、感染症対策が取られていました。
食事後は、館内で富山湾の宝石”と称される白エビをはじめ、ベニズワイガニ、ほたるいか、ブリ、ズワイガニなどの他、特産の海産物や里の幸、お土産品などを購入していました。
宅急便を利用せずに、本日保冷バッグで自宅に持ち帰りをする生徒もいるようです。
そしてその後は、絶好のロケーションを有する「みなとオアシス海王丸パーク」に移動し、短時間の見学をしました。
帆船海王丸は、商船学校の練習船として誕生した帆船です。
恋人の聖地に選定されている「海王丸パーク」で、生徒たちは帆船海王丸はもとより、富山湾、海越しにうっすらと見える雄大な立山連峰、日本海側最大級の斜張橋である新湊大橋を望むことができる絶好のロケーションを写真に収めていました。
さて、この後は「新高岡」駅に向かいます。


 

2年次 北陸修学旅行 その13

11月2日(火)修学旅行最終日の午前中の様子をお伝えします。
富山県砺波市のホテルをバスで出発して約1時間後、二千年前の杉の樹根を展示している「魚津埋没林博物館」に到着しました。
「魚津埋没林博物館」に展示されている埋没林は、昭和5年(1930年)の魚津港建設のため、海岸を掘り下げた際に発見されたもので、学術上の価値が極めて高いと言われ、国の特別天然記念物にも指定されています。
埋没林の発掘現場にそのままフタをかぶせたような展示室は、「まさにここにあった」と実感できてとても興味深かったです。
また、魚津港付近は蜃気楼が頻繁に見られることでも有名で、館内では蜃気楼の不思議な現象やその仕組みについても学ぶことができます。
早めに館内施設の見学を終えた生徒は防波堤付近まで進み、楽しそうに写真を撮り合っていました。
特別天然記念物の「埋没林」と幻想的な「蜃気楼」の2つの神秘に触れた後、博物館に隣接するスイーツ専門店でプリンやソフトクリームを堪能している生徒もいました。


 

2年次 北陸修学旅行 その12

11月2日(火)北陸修学旅行の最終日の朝は曇天の薄暗い中、スタートです。
昨晩は雨が降り、潤った空気に包まれていますが、この後は天候が回復する予報となっています。
今朝も6時に起床して、昨日と同様にビュッフェスタイルの朝食をいただきました。
朝食後は、昨晩業者の方から説明のあったとおりに荷物を自宅に送るための荷造りをし、ホテルのロビーにてチェックアウトを済ませました。
既に購入したお土産が多く、宅配するバッグに無理やり押し込んでいる生徒の姿も見受けられました。
連泊したホテルを後に、「魚津埋没林博物館」に向けてバスで出発しました。

 

2年次 北陸修学旅行 その11

11月1日(月)修学旅行3日目の予定されていた全ての見学地の訪問が終了し、ホテルに到着しました。
今回の修学旅行では一日に4回以上健康観察(検温)を行っていますが、ホテル到着時の検温もその一つです。
検温される生徒の方も慣れていて、何も言わずに前髪を持ち上げて額を見せながら担任の先生の方へ歩み寄ります。
また、夕食時には、食事会場に入る前にホテルのスタッフから手に消毒液を吹きかけていただき、手指消毒を行います。
感染症対策を徹底し、安全・安心な修学旅行を実現するために様々な方の御協力をいただいています。
明日が修学旅行最終日となりますので、本日は夕食前に旅行業者の方から荷物の宅配の出し方について、レクチャーがありました。

 

2年次 北陸修学旅行 その10

11月1日(月)修学旅行3日目の午後の様子をお伝えします。
午前中が体験活動のクラスは兼六園近くの食事処にて金沢の郷土料理の治部煮などの会席料理、白川郷を見学したクラスは岐阜県白川村にて飛騨牛焼をいただきました。
午前の体験活動が終了した1組・3組・4組はバスで岐阜県北部に位置する「白川郷」に向かいました。
世界遺産に登録されている「合掌造り集落」は大小100棟余りの合掌造りが数多く残り、また今でもそこで人々の生活が営まれている集落として知られています。
秋の紅葉シーズンで山々に色づいた木々のグラデーションと大自然の中の合掌造りの集落とのコントラストは絶妙で、その美しさに感動を覚えました。
生徒たちは集落内を自由に散策したり写真を撮ったり、さらにはお土産を買ったりしてゆっくりと過ごしていました。
さて、見学後は富山県砺波市のホテルに戻ります。