アウトドア(登山・ワンゲル)部活動報告

いざ雪山へ!パートⅠ

2月の9日から11日の3日間にかけて行われた県新人戦大会に参加して参りました。
8日の夜行バスに乗って、福島県の安達太良系の山に向かいました!
今回の大会は、生徒の安全を考慮して2年生と3年生で行きました。

 僕は初めて雪山に行きました。
埼玉とは比にならないほど気温
が低く、気を抜いているとすぐに寒くなりました。
テントを建てるの
にも一苦労で、まず雪を均さなければならないので、普段より時間がかかりました。
 その後テント場を離れ雪洞体験をしに行きました。雪用のノコギリを使って型をとり、スコップでえぐりとってゆくという作業を淡々としていました。
3時間ほどかけて、ようやく人が七人入れるくらいまで掘りました。
わった後の雪洞崩しは楽しかったのですが、雪洞の上で8人がジャンプしてもなかなか壊れなかったです。
 夜になりこの辺りから寒さが本格的になって六時に寝ましたが、九時に起きてしまい、その後も何度か寝ては起きてを繰り返していました。
僕はこの時家のありがたさを文字どおり肌で感じました。朝になってもまだ寒くテントから出れませんでした、おまけにテントの内側から水滴が垂れてきており顔や頭がびしょ濡れでしたこの時の目覚めは絶対に忘れません。
 これからしばらく父と母に感謝しつつ生きていこうと思います。  (2年 S)

▼テント設営中
  
▼3時間かけた雪洞完成!

▼雪洞が崩れてはまってしまった…