スクールライフ

薬物乱用防止教室

3月22日(火)埼玉県警察の非行防止指導班「あおぞら」より講師をお招きし、1・2年次生を対象とした薬物乱用防止教室を行いました。

コンピュータ室での講演の様子を、各クラス、リモートで視聴する形で行いました。
薬物に対する正しい知識や乱用の恐ろしさをわかりやすくお話していただきました。
また、詐欺に関わるアルバイトなどについてのお話もありました。
身近にある危険なものについての講演に、どのクラスでも真剣に話を聞く生徒の姿が印象的でした。

(生徒感想)
・今回の薬物乱用防止の話を聞いてみて、知り合いからの誘いを断ることの大切さを理解することができました。もしも、自分が誘われてしまったら、その人とは友達関係をやめようと思いました。さらに薬物への依存はものすごく影響や被害を加えてしまうのだと改めて感じました。

・この薬物乱用教室でいろいろな薬物の種類があることがわかりました。その薬で自分の体がボロボロになって大切な人や家族のことを忘れてしまったらもう一生戻ることができないし、自分の命をしっかりと守りたいです。

・今回の薬物乱用防止教室では、自分も薬物に手を出さないように気をつけようと思いました。先輩に勧められても絶対に断ることをしたいと思いました。

・今回の薬物乱用防止教室では薬物以外にも詐欺などについても教えていただきました。高校生になるとバイトでお金に余裕が出てきて薬物に手を出せなくもないので、一段と注意しなければならないと思いました。簡単にかせげるなんて世の中甘くないと思っていたので、自分は詐欺には関わらないと思っています。