清風ニュース

2017年12月の記事一覧

今年最後の日です

12月28日(木) 明日から休日となります。今年も本校に対し温かなご支援を
           ありがとうございました。 来年も頑張りますので宜しくお願いします。

 
  

  

  

  

  よいお年を・・・・・

広島の大学生と清風生の本音のクロストーク

こんにちは。
一昨日20日(水),修学旅行第1日目の企画「広島と平和に関する調査学習」でお世話になった広島大学・広島女学院大学の学生様に来校いただきました。

第1部は事業所訪問報告。広島女学院高校,広島フィルムコミッション,広島市立袋町小学校を訪問した生徒の発表です。それぞれの事業所を担当した大学生から講評をいただくとともに,発表者に対して生徒・大学生・先生方からたくさんの質問が投げかけられました。




発表の項目は,①訪問した事業所の概要,②事業所での質問したこと,③学んだこと・自分の進路実現にどう活かすか,を基本としました。
広島女学院高校を訪問した生徒は,女学院高校の生徒が平和実現のための活動に積極的に取り組んでおり,しかもみんなで協力しながらいきいきと活動している。一方で失敗を恐れて消極的な自分がいる。自分の殻を破りたいと語っていました。
広島フィルムコミッションを訪問した生徒は,広島でのロケを希望する依頼者の細かい要望に一つひとつ応える職員の方の姿勢に感動したと語っていました。
袋町小学校を訪問した生徒は,当日担当していただいた校長先生の「人権を大切にする子どもに育ってほしい」ということばに,自分や他人の人権を尊重することがいさかいのない社会をつくること,ひいては平和な世界の実現につながるのではないかと,自分なりの解釈を披露しました。
講評をいただいた大学生からは,具体的に説明することの大切さを指摘いただきました。「いろいろなことに取り組んでいきたい」ではダメ。「いろいろな」とは何なのか,そこが一番大切なのではないか,と。
発表を指導してきた私にとっても痛いところを突かれました! まもなく2年生も終わります。現在進行中の個別進路活動を見据えて,もっと詰めていかないと生徒の成長は止まってしまうと痛感しました。

第2部は大学生と清風生の本音のクロストーク。生徒・先生方から大学生へたくさんの質問が投げかけられました。


たとえば,大学進学のメリットは何かという質問に対して,大学生からは自分は周りとは違った存在ではないかと悩んだ高校時代を振り返り,自分とは異なる個性の持ち主と出会えたこと。大学に進学しないと就けない職業があることなどの回答がありました。本校は大学・専門学校・就職が1:1:1の学校。メリットって大事なんです。また,周りと違うからといって攻撃したりいじめていい理由にはならないという大学生の回答に対して,ある生徒の感想には「私は同級生から変わっていると見られることが多いのですが,お話しを聞いて人はそれぞれ違うからこそ良いと思っていた自分に自信を持ち,私は私らしく生きようと思いました。」とありました。自分や他人の個性を尊重しながら,主義主張を持って自らの課題を研究していく,大学生活のあるべき姿が浮き彫りになったかなと思いました。

予定の2時間をはるかに超える3時間半はあっという間に過ぎ,集合写真を撮影して終了となりました。


広島から遠路はるばるお越しいただいた大学生のみなさま,広島大学教育学部の永田忠道先生,本当にありがとうございました。ここで学んだことをこれからの生徒の進路実現に必ずつなげて参ります。

2学期終業式

12月22日(金) 2学期終業式および表彰式が行われました。
           明日から冬季休業となります。 良い年を迎えてください。

  

                   校内マラソン大会 男女上位10名
  
  
          英検準2級                         ソフトテニス市大会3位    
  

       和太鼓部郷土芸能祭奨励賞   
  その他、鶴ヶ島市明るい選挙啓発ポスター入選等    

埼玉県【インターネットトラブル】防止に関するパンフレット

埼玉県【インターネットトラブル】防止に関するパンフレットを掲載します。
是非、ご覧になっていただき、ご家庭でも話題にしてください。

 保護者版 ⇒ 【保護者向け】第9号 インターネットで知り合った人と会うことの危険性について.pdf

 生徒版 ⇒ 【児童生徒向け】第9号 インターネットで知り合った人と会うことの危険性について.pdf

 相談先 ⇒ (別添)中高生向け相談窓口広報カード.pdf


 

『命の大切さ』講演会

12月20日(水)
本日は「『命の大切さ』講演会~性を通して考える命の大切さとは~」と題し講演会を行いました。

講師は、岩室紳也先生です。
泌尿器科の医師であり、岩手県陸前高田市被災地絆づくりアドバイザーでもあり、
「神様、もう少しだけ」(フジテレビ系列:1998年7月7日~9月22日放映)テレビドラマ医療指導、フジテレビ ホンマでっか!?TV出演などメディア出演、性教育の著書多数ある性教育では有名な先生です。

講演の様子講演の様子

痛快なテンポで語られるマジメな内容には、やみくもに不安がらず、性と生について向き合える力をつけてくださいました。

講演の様子講演の様子

最後は、保健委員長からの挨拶で終わりました。
講演の様子

保育園実習(6群選択者)

2017年12月14日(木)2・3限
3年生選択科目「子ども文化」(5,6群)の授業で保育園実習を行いました。
本日は6群選択の生徒です。
実習先は、あたご保育園です。
実習先のあたご保育園

実習の流れは
挨拶→絵本の読み聞かせ→園庭で遊ぶ
おもちゃで遊ぶ おもちゃは牛乳パックを使用した「パッチンカエル」です。
輪ゴムをつけた牛乳パックがパッチン!とはねる手作りおもちゃです。
まるでカエルがジャンプするかのようなので、パッチンカエルと呼ばれています。
帰り際、別れを惜しむ園児と生徒たちでした。
実習の様子実習の様子実習の様子
実習の様子実習の様子実習の様子
実習の様子実習の様子実習の様子

保育園実習(5群選択者)

2017年12月13日(水)2・3限
3年生選択科目「子ども文化」(5群、6群)の授業で保育園実習を行いました。
今回は5群選択者が行ってきました。
実習先
1学期の訪問で実習先の園児の様子を知り、2学期は絵本とおもちゃづくりを行いました。
実習の流れは挨拶(質問タイム)→絵本の読み聞かせ→おもちゃで遊ぶ→園庭で遊ぶ
おもちゃは牛乳パックを使用した「ぶんぶんゴマ」です。
ぶんぶんゴマ

ぶんぶんゴマとは中央部に開けた2つの穴に通した紐を引くことで板を高速回転させる伝統的な玩具です。園児たちは一生懸命回していました。
実習の様子実習の様子実習の様子実習の様子
実習の様子実習の様子実習の様子実習の様子

今回は2回目の訪問になります。
園児たちが清風高校のお姉さんたちの顔を覚えてくれていて、とてもうれしかったです。
実習の様子

保育進学者向け進路講演会。読み聞かせ実演公演

12月13日(水)本校の保育コースの生徒、また保育系の学校に進学を希望している生徒を中心に進路講演会を実施しました。

講師にお招きしたのはJPIC読書アドバイザー、絵本作家など多方面で活動し、
全国で読み聞かせ講座や保育者研修会の催しを開いている「聞かせ屋。
けいたろう」の坂口慶さんです。実際に絵本の読み聞かせを実演していただいた後、
生徒の質問に答えるかたちで講演会をしていただきました。

渡米、保育士の経験もお持ちのことから、生徒の不安や保育士の在り方、絵本の読み聞かせ方、
絵本製作等多岐にわたったお話をいただきました。

講演の様子講演の様子

保育系の学校に進学の決まっている3年生を中心に、どの生徒も熱心に耳を傾けていました。
講演の様子

球技大会

12月19日(火) 本日は生徒が楽しみにしていた球技大会です。
           女子は体育館でドッジボール、男子はグラウンドでのサッカーです。
           どのクラスも優勝を目指して、熱戦が繰りひろげられています。

 

  
  
    

       

グローバル講演会

12月18日(月) 全校生徒を対象に、JICA埼玉デスクから新野美奈様を講師に
           お招きし、青年海外協力隊・日本語教師・マダガスカルの紹介・
           2年間の協力隊活動・国際協力について講演をしていただきました。
           新野先生ご自身の体験談から「幸せな暮らしって何?」まで生徒にとって
           とても考えさせられる素晴らしい内容でした。