硬式野球部活動報告

2014年7月の記事一覧

大会報告

7月16日(水)上尾公園球場に場所を移し、3回戦が行われました。
結果は山村国際高校に0-14と5回コールドで負けてしまいました。

監督及び3年生にコメントをもらいましたのでご覧ください。


【大塚監督】
この夏の大会で、鶴ヶ島清風高校として、初の単独チームとなり、
初の勝利を挙げることが出来たことは、選手の頑張りと、
会場に足を運んで頂いた方だけでなく、各所で声援を送って頂いた方々の応援のおかげです。
感謝とお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。


【成川和希】
僕は、2年半の部活動を終えて本当に充実した部活動だと思いました。
なぜなら、2年半やめずに続けてこられて、いろいろな人に支えてもらい、
最後は目標であった「公式戦1勝!!」ができたからです。
これも周りの人たちの温かい応援があったので感謝しています。
今この部活動を振り返ってみると仲間とともに切磋琢磨した日々、
1人で夜遅くまで自主練習した日々、試合で大敗したことなど色々な思い出があります。
良い思い出が出来たのもこの野球部に入ってよかったと思います。
この野球部が大好きです。


【斎藤徹弥】
今までを振り返り、野球を一から教えて下さった先生方、親、マネージャー、選手、応援してくれるみんなに感謝しかありません。
僕はこの清風野球部でほんとうに良かったと思っています。
3年間部活を続けたことで、人より成長できた気がします。
今まで学んだことを社会に出てからも発揮したいです。


【戸田篤人】
僕が野球を終えて思ったことは、最後まで諦めないでやれば、結果が付いてくることを知ることが出来ました。
なぜなら、僕は野球が下手でなかなか試合に出ることが出来ませんでした。
諦めずに続けたら、最後の夏の大会に出ることが出来ました。
1回戦のときに負けると考えたけど、勝つことができました。
2回戦目は負けてしまいましたが、全力を尽くして出来たのでとても楽しかったです。
この3年間部活をやってきていい思い出が出来ました。

 

初戦報告

7月14日(月)に雨で順延となった初戦が行われました。

対戦相手は妻沼・深谷の合同チーム

会場には、平日にもかかわらず卒業生や保護者の方々が応援に来てくれました。
応援団応援団応援団

序盤から大量点を取り優位に進めたところ、4回に打たれたランニングホームラン。
そのホームランを打ったのは相手投手。
攻守がすぐに入れ替わったためか、相手投手の体力が落ちたところを捉え、大量10得点。
試合結果はまさかの5回コールド勝ち。
投げる打つ

単独チームとして輝かしい初勝利となりました。
試合後の整列集合写真

会場に応援に来ていただいた方、会場にこられなかったけれど応援して頂いた方、
本当にありがとうございました。
取材を受ける
 (試合後に取材を受けていました)