日誌

2018年2月の記事一覧

保健室より(2018.02.15)

インフルエンザは前週より減少していますが、依然多い状況が続いています。
外出後の手洗い・うがいとともに、十分な休養をとるよう心がけてください。

2月19日(月)は、二十四節気の「雨水(うすい)」です。
空から降るものが雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころです。
この時節から寒さも峠を越えてきます。もうすぐ、春ですね。

保健室より(2018.02)

1医療機関あたりの報告数が、大幅に増加し、県全体で国の定める警報の基準値である30人を超えています。
平成11年の調査開始以来最高値を記録しています。今後、さらなる流行拡大も懸念されるため、引き続き注意しましょう。


インフルエンザの感染を予防するためには、「①せきエチケット、②手洗いの励行、③適度な湿度の保持、④十分な休養、⑤バランスの取れた栄養摂取」がポイントです。