校長日誌

校長日誌

校長日誌

校長日誌 鉄道模型 若葉駅にて展示中

12月3日(金)

 本日、東武東上線若葉駅改札内正面に、本校生徒が作成した鉄道模型を鶴ヶ島市役所の方と関水金属の方と一緒に設置してまいりました。機会がありましたら、是非ご覧ください。

 この作品は、第13回全国高等学校鉄道模型コンテスト モジュール部門で、「ベストクリエイティブ賞」と「ベストムービー賞」を受賞したものです。

 来年度も引き続き頑張って参加する予定です。

 

校長日誌 就職内定者指導

12月2日(木)

 本日5限「総合的な探究の時間」を活用して、3年次生の就職内定者に視聴覚室に集合してもらいました。

 始めに一人ひとりから、採用内定の報告を受け、その後、校長、教頭、3年次進路担当の先生からそれぞれ話や諸注意などしました。その後で、内定企業宛に年賀状を作成する予定です。

 

 

 

 

校長日誌 冬の雨もあがり

12月1日(水)

 今日から「師走」となりました。新型コロナウイルスで始まり新型コロナウイルスで終わりそうな令和3年もあと1ヶ月となりました。

 まだ、今年度が終わったわけではありませんが、今年度は4回目の緊急事態宣言が発せられるなど、大きな影響が学校生活にもありましたが、修学旅行は早期に方面変更を決定して、無事に終えることができました。文化祭こそ中止となりましたが、生徒会の発案で代替の演奏会や作品展示なども行い、体育祭は昨年度にならって種目制限、時間短縮で終えられました。遠足も春から秋に延期をしてできたことが良かったと思います。

 もう一つ良かったことは、皆さんの協力で感染症予防対策をとることができ、校内でクラスターが発生すること無く、ここまでこれたことです。現在、新型変異株のオミクロン株が国内でも確認されてしまいましたが、引き続き油断すること無く、感染症対策を徹底していきたいと思いますので、ご理解ご協力をお願いします。

 また、昨晩から寒冷前線の接近に伴い降っていた雨も、現在はやみ、徐々に空が明るくなってきました。しかし、寒冷前線の通過によって、周囲の空気は冷たくなりますので、体調管理には気をつけてください。

 本校は、12月9日(木)から2学期期末考査が予定されていますので、計画的な準備をお願いします。

8:00頃のテニスコートの方角の様子です

校長日誌 文化部作品展示②

11月30日(火)

 新型コロナウイルス感染症の影響で中止とした清風祭(文化祭)の一部代替の第2弾として、文化部の作品展示を行っています。現在、2階応接室の通路に華道部の生徒の作品が展示してあります。

校長日誌 池尻池のけあらし

11月30日(火)

 11月も最後となり、明日から師走です。このところ、上空への寒気の流入と放射冷却によって、朝から寒い日が続いています。ここのところ連日、私の通勤路で渡る荒川や越辺川において「けあらし」が見られたので、今朝、学校に隣接している池尻池を覗いてみると水面付近に水蒸気が発生しているのが見られました。

校長日誌 オミクロン株

11月29日(月)

 新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が科学的エビデンスの無いまま減少している我が国でも、今回発表された「オミクロン株」には、十分な注意が必要とされています。オミクロン株は南アフリカ周辺で拡大傾向が見られ、オミクロン株は、感染に関わるスパイクタンパク質に32カ所の変異が見つかっており、強い感染力を持ちワクチンの効果を低下させる懸念があるとされています。

 欧米ではアフリカ南部8カ国への渡航制限を課すなど対策が報じられています。日本では、指定施設での10日間待機で水際対策強化をしているようです。

 公衆衛生学では、こうした感染症は感染者の洗い出しと隔離が最重要と言われています。無症状者も含めてどのように日本政府が対応していくかにかかっています。新型コロナウイルス感染症の初期の対応のように経済を優先して、発祥地の武漢からの観光客を制限無く受け入れるなどということが無いことを期待したいと思います。

 私たちはこれからも、できる感染症対策を徹底していきましょう。

 

遠くに見える市民の森の木も紅葉しています。

【追記15:48】

 本日の午後、報道で岸田首相は「緊急避難的な予防措置として、まずは外国人の入国については、11月30日午前0時より、全世界を対象に禁止をいたします」と発表しました。オミクロン株の拡大を受け、岸田総理は、水際対策を強化し、今月8日から例外的に認めてきたビジネス目的の短期滞在者や留学生、技能実習生を含め全ての国を対象に「当面1カ月」の間、入国を原則停止すると表明しました。また、オミクロン株が確認された国(英国やドイツなど14カ国・地域を加える)から帰国する日本人に対しても、指定された施設での隔離を義務づけるということです。

 こうした厳しい対応が出て一安心です。後は、私たち一人ひとりが自覚を持った行動ができるかどうかだと思います。

校長日誌 鉄道フェスティバル

11月29日(月)

 現在、新宿の京王百貨店7階催事場を会場に「鉄道フェスティバル」が開催されています。本校生徒のつくった作品も展示されていますので、ご都合の良い方はご覧ください。

 また、12月3日からは東武東上線の若葉駅に展示される予定です。

  

校長日誌 令和4年度公立高校入学者選抜に向けて

11月26日(金)

 本日の午後、鴻巣市のクレアこうのすを会場に「令和4年度埼玉県公立高等学校入学者選抜に係る説明会」が実施される予定です。本校からも担当の先生方に出席してもらい、その内容を受けて「令和4年度入学者選抜募集要項」を作成します。今後、近隣中学校等へお持ちしたり、郵送したりいたしますので、もうしばらくお待ちください。

 今年度の学校説明会は第4回まで終了いたしました。残り3回を12月19日(日)、1月15日(土)および1月16日(日)に予定しています。この3回の説明会の中では、希望者を対象に模擬面接を行います。希望する方は、是非お越しください。

 前回の学校説明会の中で、校長あいさつとして以下のことをお話ししました。

 本校は、今年度で14年目を迎え、4年前から目指す学校像を「地域に貢献できる人材の育成」と明確にし、英数国の主要3教科においては、3年間にわたって習熟度授業を展開するなど、学習に対する到達度の違いを見極め、生徒一人ひとりの成長に真摯に向き合い、生徒の成長を促している学校です。

 また、本校は生徒の目標実現に向け、2年次で3科目、3年次で5科目の選択科目を選び、自分の進路実現にむけた時間割を編成し、学んでいける学校です。 さらに、1年次には全員が「インターンシップ」に取り組み、職業観の育成を図り、将来の目標を見つけてもらいます。 

 実際の卒業時の進路は、大学・短大への進学、専門学校への進学、そして、就職の割合がほぼ同じくらいです。進学・就職を含め、推薦によって進路を決定する生徒が多いこともあり、校内での生活指導は徹底しています。その分、部活動指導や進路指導についても丁寧に最後まで面倒を見ていく学校です。一言でいえば、真面目な生徒には損をさせない学校を目指しています。

 

校長日誌 2年次生進路ガイダンス

11月25日(木)

 2年次生は先週に引き続き、5・6時間目を活用して進路ガイダンスを実施しました。

 進学希望者は、5限は体育館で全体講演を、6限は希望分野に分かれて個別説明会を実施しました。

 就職希望者は、視聴覚室でオーシャンズホームとパラメディックスという会社の役員の方にお越しいただき、会社のことなどの概要を説明していただきました。

  

  

校長日誌 今年最後の祝日も終わり

11月24日(水)

 昨日11月23日は「勤労感謝の日」で、今年最後の祝日となりました。穏やかな1日になりました。

 今日は、放射冷却の影響もあり、この秋一番の冷え込みとなったようですが、今は快晴無風でとても良い天気となっています。

 学校では、修学旅行や遠足という大きな行事は、今月初旬に無事終えることができ、これからは、12月9日(木)から始まる2学期期末考査に向けて、勉強に集中する時期となっています。

 3年次生の大学・短大への指定校推薦や公募制推薦の出願も一段落し、試験が進められている時期となっています。新型コロナウイルス感染症の拡大も小康状態のような感じですが、インフルエンザを含めて体調管理には気をつけて欲しいと思います。

9:00頃の校舎と上空の様子です