鶴ケ島清風高等学校 働き方改革

鶴ケ島清風高等学校 働き方改革

近年、学校を取り巻く環境が複雑化・多様化する中で、学校の担う役割が拡大し続けるとともに、新学習指導要領への対応が目前に迫り、「授業やその準備に集中できる時間」、「子どもたちと接する時間」及び「自ら専門性を高めるための時間」の確保や、教職員の健康維持増進が学校運営上の課題となっています。
本校においても働き方改革を推進し、実効ある多忙化解消・負担軽減を確実に進め、教育の質の維持向上を図っていきます。