新着
6月22日(水)第33回埼玉県高等学校かるた大会が行われました。県内からは27校、47チーム、335人の生徒が参加。チーム数、参加生徒数においては過去最多の盛り上がりを見せました。 鶴ヶ島清風高校からは2・3年生主体のAチーム、1年生主体のチームのBチームの2チームが参加しました。Aチームは一回戦はシードとなったため、まず一回戦にはBチームが参加しました。強豪校である星野高校が相手ということもあり、力の差を見せつけられ、一回戦敗退となりました。続く二回戦からは、Aチームが参加しました。一回戦、与野高校を相手に勝ち上がった岩槻高校との対戦です。均衡のとれた試合になるも、相手の勢いに負け、二回戦敗退となりました。3年生にとってはこれが引退試合となりました。一度は少ない人数になったかるた部でしたが、部長として引っ張ってきた3年生の力でなんとか存続することができたといっても過言ではないと思います。それだけに、今大会での選手たちの健闘をたたえていただければと思います。そして、3年生が引退したあともかるた部は続いていきます。まず、1・2年生は10月の新人戦に向けて練習にとりくんでいきます。今度はいい結果を報...
6月23日(木)5限の「総合的な探究の時間」において、1年次で職業理解の一環として働く「パズルワーク」を実施しました。各クラス4人前後のグループに分かれて、77の職業に関して説明された特大シートに、適切な職業カードを置いていきます。生徒たちは、なじみのある職業から、初めて名前を見聞きする職業まで、枠の中にカードを当てはめていくことに悪戦苦闘完成に向けて班員と協力し合っていました 来週30日(木)には、「働く目的・生きる意味」、「高校生と社会人、こんなに違う『ルールと意識』」と題して演劇形式の進路行事を予定しております。
6月16日(木)「総合的な探究の時間」、2年次では基礎力診断テストの振返りを行いました。今回は本校のベネッセ担当者が事前に動画を作成し、クラスごとに動画視聴をするオンデマンド方式+途中で担任からのアドバイスという変則的な実施となりました。動画視聴により、確実におさえたい内容が何度も聞き直しができ、担任からのアドバイスとの合わせ技で生徒も良い振り返りになったのではと感じています。
6月17日(金)本日、インターハイ予選団体戦が行われました。3年生にとっては引退前の最後の大会です。3年生最後の試合で、2年生1名、1年生1名も選手として出場しました。 結果はベスト16!!! 最後まで粘り強く戦いきりました。応援のほどありがとうございました。
6月10日(金)令和4年度「第1回協働教育ネットワーク会議」を開催しました。この会議は学校・家庭・地域の連携・協働の更なる推進を目指して令和3年度に本校が設置したものです。これまでは「鶴ケ島清風高校と地域の連携協議会」としていた組織を大幅に見直し、新たなプラットフォームとして整備したのが「協働教育ネットワーク会議」となります。昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響により書面での開催でしたので、今回が各委員の初顔合わせとなりました。 会議では、まず令和3年度及び令和4年度学校自己評価システムシートの記載内容をもとに、本校の取組について説明し、委員のみなさんに御理解いただきました。その後、学習指導や生徒指導などの教育活動における「新型コロナウイルス感染症の影響に関すること」や「校則の在り方」などについての意見交換をおこないました。学校評議員から生徒への質問も投げかけられ、自由闊達な雰囲気の中、会議を進行することができました。なお、当日の会議の様子は「令和4年度第1回協働教育ネットワーク会議レポート」を御覧ください。 学校評議員、学校関係者及び地域代表の皆様、御多用のところ御来校いただきあり...
3年生はここで一区切りとなるインターハイ予選が6月10日(金)に行われました。清風高校は学校枠の1ペアのみエントリー。学校枠での出場のため相手はもちろん格上… 向かっていく姿勢がみられ、ファイナルまでもつれる戦いとなりました。惜しくも負けてしまいましたが、収穫も多くとても良い経験となりました あと1歩で勝てるというところまできたのは自信にし あと1歩が大きな1歩であることも自覚しこれからどんどんレベルアップできるよう励んでいきます。 さぁ次の大会に向けて再出発!3年生が抜けると団体戦も3ペア揃わなくなってしまいますが、 必ず花が咲くことを信じ地道に力をつけていきます 今大会から、保護者1名の観戦が可能になりました。密を避けるため、勝ち進めば間近での観戦が可能となりました。是非、成長した姿を見ていただけるよう頑張っていきます!今回も保護者の方々御協力ありがとうございました。
夏の選手権大会に向けた練習が続いています。平日は細かい場面を想定した練習をし、休日は試合を通してチーム力を高めるという、良いサイクルが生まれています。 6月13日(月)今回は打撃練習の基礎、ティーバッティングの様子をお伝えします。基礎中の基礎でありながら、奥深い練習です。ボールを芯で捉える感覚をどのようにつかむか、繰り返し身体に覚えこませています。 本校の学校説明会(※要予約)が近づいてきました。学校の様子をご覧ください。野球部も、7月24日(日)は部活見学を行っています。ぜひお越しください。 詳しくはこちら中学生の皆さんへ
6月11日(土)梅雨空の熊谷さくら運動公園テニスコートにおいて、標記大会が前日の女子に続き開催されました。今大会から制限付きではものの、保護者の方の参観が解禁され、withコロナが定着しつつあると実感させられます。 さて、本校からは学校代表として1ペア出場。その1本、その1ゲームを取りに、戦いに赴きます。1回戦。動きが硬い。ストロークが決まらない。どうなんだ?敵は常に自分の中にある。弱い気持ちに打ち勝て!辛くも勝利し、昨年度果たせなかった2回戦進出へ。 敵は強いぞ。しかし…どうだろうか。サーブは?レシーブは?気持ちは切れていなかっただろうか?同じことの繰り返し。 1か月後には埼玉県選手権の地区予選、9月には新人戦が控えている。出場選手にとっていい刺激になっただろうか。何事も変わろうと思わなければ変われない。技術も、意識も、もっと本気で臨んでもらいたい。 今大会も保護者の皆様におかれましては、早朝からの送迎大変ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。
6月8日(水)は本校の「開校記念日」です。本校は埼玉県教育委員会による「21世紀いきいきハイスクール構想」の「県立高等学校の中期再編整備計画(第1期)」に基づき、鶴ケ島高等学校と毛呂山高等学校を統合して平成20年4月に設置されました。再編整備校としてスタートし、早いもので令和4年度で創立15年目となります。 さて、本校では「開校記念日」に併せて、本日は「学校閉庁日」としているため、教職員の出勤はございません。学校の働き方改革の一環として教職員が休暇等を取得しやすい環境を作り、教職員の健康増進を図ることを目的としたものですので、何とぞ御理解と御協力をお願いいたします。    
6月の三者面談期間に3年次では面接指導を行なっております。面接指導では保護者、企業、大学、専門学校の協力を得て、それぞれの視点から指導をしていただいております。今回が初めての面接指導の生徒もおり、緊張した面持ちで取り組む姿が見受けられました。就職希望の生徒は2回目の練習ということもあり、落ち着いてできるようになってきている生徒も出てきています。